ムダ毛の処理どうしてる!? 誰もが悩む脱毛






女性に多い悩みの中で長年上位をキープしているのが、ムダ毛の悩み。
女性の身だしなみとして常にきれいにしておきたいけれど、どんなにマメに処理していても、思わぬところに処理残しがあったりすぐに生えてきたりするため、なかなか解決できない悩みでもあります。

しかし、ムダ毛のない肌はスベスベしていて気持ちが良く、見た目もキレイですよね。
女子力が上がったようで、テンションも上がり気持ちも明るくなります。おしゃれだって楽しみたい気持ちになりますね。
それだけムダ毛の処理は女性にとって大切で、身だしなみの面から見てもエチケットとして必須。
みなさんはどのようにムダ毛の悩みを解決しているのでしょうか?

多くの女性が利用しているカミソリを使ったセルフ処理は、入浴ついでに剃れるうえ、時間がないときでもパパッと処理できる手軽さやカミソリひとつでどこでもそれる便利さがある反面、処理してもすぐ生えてくる、毛の断面が太くなって濃くみえる、カミソリ負けして肌が荒れるなど、多くの悩みがつきまといます。
そのような悩みを解消するためには、自宅でできる脱毛器を使用して細かいところは毛抜きを使うといった方が多いよう。 しかし、脱毛器で処理するにはまとまった時間が必要で手間もかかる上、皮膚表面の下に生える埋没毛になりやすいため、また別の悩みがつきまといます。
毛抜きを使った処理では、抜くときに毛穴が引っ張られてポツポツしてしまったり、肌への負担や痛みを伴ったりと悩みは尽きません。

そんな永久的に繰り返されるムダ毛処理から開放されたいとの願いは、全ての女性に共通する思いではないでしょうか?
そんな願いをかなえてくれるのが、サロンでのムダ毛の脱毛。
最近ではワンコインで施術を受けられるキャンペーンを行っているサロンも多く、以前よりも身近な存在となっています。
サロンでの脱毛は特殊な光やレーザーを当てることで毛根から死滅させるため、毛抜きのように再び生えてくる心配がありません。
また、フラッシュやレーザーは黒い色にのみ反応するので、肌を傷つける心配もないのです。
施術後のムダ毛は時間とともにするりと抜け落ちるので、毛根や毛穴にダメージを与えたり、毛穴が開いたままになったりせず、きめ細かなキレイな肌も手に入れることができるんですよ。

ムダ毛の処理は女性にとって欠かすことのできない身だしなみのひとつ。
処理しても処理してもすぐにひょっこり顔を出すムダ毛と日々格闘している方も少なくないでしょう。

多くの女性は自分でムダ毛を処理していますが、その方法はさまざま。
最も多いのはカミソリを使ったセルフ処理。
入浴ついでにササッと処理することができ、カミソリひとつでほとんどの部位をカバーできるので、とっても手軽でリーズナブル。
しかし、剃ったムダ毛の断面が黒くポツポツ見えたり、すぐに伸びてきてしまったりとデメリットが多く、カミソリの刺激で肌荒れに悩む女性もいます。

電気シェーバーを使えばカミソリのように肌荒れを起こす心配がなく、広範囲に処理もできるため肌の弱い方にはオススメですが、皮膚から覗いたムダ毛のみをカットするため、見た目や生えてくるスピードはカミソリと変わりません。
また、ヘッドが大きいためワキなどの湾曲している部分などでは細かい剃り残しができやすく、恥ずかしい思いをすることも・・・。

脱毛クリームなら処理したい部分にクリームを塗って洗い流すだけなので剃り残しの心配は少なめ。
肌に優しい低刺激のクリームや美肌成分が配合されているクリームもあるので、処理あとの肌がスベスベになるのも嬉しい効果です。
その反面、冬場に洗い場でしばらく動けず寒い思いをしたり、すねなどは重力でクリームが少しずつ流れてうまく処理できなかったりすることも。
ワキの処理では、しばらくのあいだ手を挙げておかなければならず、これが意外としんどかったりもします。

剃り残しや細かいところは毛抜きを使って一本ずつ抜く方も多いですが、部位によっては激しい痛みを伴うことも。
また、毛抜きは強い力で引っ張ることで毛根にダメージを与え、引っ張られた毛穴も鳥肌のようにポツポツしてしまいます。
無理やり抜くので、毛穴がふさがらず開いたままになることもあり、キレイな肌とはかけ離れてしまいます。
ただ、ムダ毛を根元から抜いてしまうので次に生えるまで少し時間があり、生えてくるムダ毛の先端も自然なため、太く見える心配はありません。

このように家庭でできるムダ毛のセルフ処理にはさまざまな方法があり、それぞれにメリットもデメリットもあるもの。
部位やムダ毛の状態で使い分けることもできますが、それはそれでなかなかめんどう。
そこで、最近では家庭用脱毛器を使ってムダ毛のセルフ処理をする方も増えています。
光を当てて自然に抜けるように促すタイプなら、サロンの脱毛と同じように抜けた後はスベスベ肌を手に入れることができます。
しかし、手軽に購入できるほど安くはなく、また、サロンのような永久性はないので生えてくる度に処理しなければいけないのが難点。
また、一度の照射範囲が狭く時間がかかったり、自分では手の届かない部位があったりと、セルフ処理はかなり大変です。

サロンでプロの手によって永久脱毛を施せばキレイに仕上がり、ムダ毛の悩みからも開放されます。
最近では低価格のサロンも増えているので、器具を購入するより安くスベスベになれるかもしれませんよ。

小学生からこまめにムダ毛の処理をしていたり、メンズエステに通う男性が増えたりと、大人の女性のムダ毛処理は以前にも増して気が抜けなくなってきました。
低価格で体験施術が受けられるキャンペーンを行うサロンなども増え、身近になったサロンでの脱毛を利用している方も多いようです。

しかし一言で「サロンやクリニックの脱毛」といっても店舗ごとに様々な特色があり、取り扱う脱毛方法もそれぞれ。
施術前によく調べてから申込まないと「こんなはずじゃなかった!」という状況になりかねません。
そこで、サロンやクリニックで一般的な脱毛方法についてお話したいと思います。

今ほど脱毛が主流になっていなかった時代からあるニードル脱毛は、毛穴に針を刺して電気を通し、その熱で毛根にダメージを与え二度と生えてこなくする方法です。
痛みを伴ううえ時間もかかりますが、一本ずつ処置していくため確実に処理することができます。

ニードル脱毛より痛みを伴わず短時間で処理できるレーザー脱毛は、黒い色に反応するレーザー光線で毛の断面や皮膚の下のメラニン色素にのみ熱を与え、ムダ毛を伝って毛母細胞を破壊することで永久的に脱毛できる方法です。
色素沈着の濃い部位や産毛など色の薄いムダ毛には効果が薄いため不向きな部位も存在しますが、ほとんどの部位に施術でき、レーザーの効果で薄いしみが一緒に消えるなど嬉しい効果も。
とくに毛が濃く太いひとは高い効果を得られます。

近年主流となっているフラッシュ脱毛は、特殊な波長をもつ光を照射することでムダ毛の根元に熱を集中させて、ムダ毛の成分を死滅させる方法です。
毛母細胞が完全に死滅するまで数回照射する必要があるのですが、照射のたびに細い毛質に変わっていくので2~3回目には産毛程度になります。
施術回数は増えますが、レーザー脱毛よりも広範囲に照射できるため施術時間が短く、色素沈着の強い部位や産毛にも効果があるので、全身脱毛にも向いています。

このように、生えている部位やムダ毛の濃さや太さによって、それぞれ適している脱毛方法が異なります。
しかし実際に通うのは数ヶ月に1回程度で、長くても2年ほどで終わります。
永久的に日々セルフ処理でムダ毛と戦うことを思えば、たった2年で永遠にムダ毛の悩みから開放されるサロンの脱毛はかなり魅力的ですよね。
脱毛したい部位、料金や通う頻度などから、ご自身にいちばん合った脱毛方法を選べば、高い満足度を得ることができますよ。

なお、永久脱毛はしたくないけれどキレイに脱毛したい場合はサロンのワックス脱毛がオススメ。
とくにセルフ処理の難しいアンダーヘアは、ブラジリアンワックス脱毛を行っているサロンで施術を受ければ、思い通りのキレイな形を残しながら衛生的にムダ毛を処理することができ、スベスベな肌になれますよ。

女性の身だしなみとして欠かせないムダ毛処理ですが、自宅で行う自己処理には危険がいっぱい!
しかしその危険性に気付かず、もしくは気付いていながらも処理を優先させ、あとになって肌トラブルに悩まされる女性が後を絶ちません。

家庭でできるムダ毛の処理にはカミソリや電気シェーバー、クリームなどさまざまな方法があります。
一度処理しても次の日や数日後にはまた生えてきてしまうため、どの方法であっても繰り返し処理しなければなりませんね。
その繰り返しが肌や毛根に負担をかけ、トラブルにつながってしまうのです。
例えば、多くの方が行っているカミソリによる自己処理では、皮膚の角質も一緒に剃り落としてしまうため、肌のキメが崩れたりカサカサになったりし、肌の老化をはやめてしまいます。
また、炎症を起こしたり刺激で色素沈着を起こしたりしやすいので、剃るほどにキレイな肌から遠のいているのです。

毛抜きや脱毛器といったムダ毛を抜く方法で処理するスタイルでは、開いた毛穴から雑菌が入って炎症を起こすことがよくあります。
また、引っ張られた毛穴がポツポツと目立ってしまい、鳥肌のようになってしまうことも。
皮膚表面の下でムダ毛が伸びる埋没毛になりやすいのも自己処理による脱毛で、痛みやかゆみを発症することもあります。
だからといって無理やり埋没毛をほじくり出すと、炎症を起こして赤くはれたり膿んだりしてし舞、更に肌に負担をかけてしまいます。

クリームやワックスでは成分が肌に合わず肌荒れやアレルギーを起こすこともあるので、どの方法をとってもつねに危険と背中合わせにあるのが、ムダ毛の自己処理なのです。
とくに女性は女性ホルモンの影響を受けやすいため、ふだんは問題なくできている処理でも突然トラブルを起こすことがあるので注意が必要です。

このような肌や毛穴のトラブルを起こさないためには、自己処理時に専用の薬剤や器機を使うことと、アフターケアをしっかりと行うこと。
肌の調子をつねに意識し、少しでも異変があるときにはムダ毛処理を我慢することも大切です。
炎症を起こしているときなどは、できるだけはやく医師の診察を受け、のちのち傷や色素沈着になって跡が残らないようにしましょう。
肌トラブルは怖いけれどムダ毛の処理は怠れない! というときは、サロンやクリニックの脱毛がオススメ。
プロの施術は、きれいに仕上がるうえトラブルとも無縁。永久的に自己処理ともおさらばできます。
アフターケアもしっかり行ってくれるので、ムダ毛知らずでキメの整ったスベスベ肌になれますよ。

女性なら誰しも一度は経験があるはず、ムダ毛の自己処理における失敗。
顔の産毛を剃っていたら眉毛やまつ毛も剃り落としてしまった! なんてちょっと笑える失敗から、炎症を起こして手術を受けるはめに・・・なんて痛々しい失敗まで、自己処理を行うひとの数だけ失敗談はあるもの。
そんな中でも、肌荒れなどの肌トラブルを引き起こす笑えない失敗は意外にも多いのです。

多くの女性が日常的に行っているムダ毛処理の方法は、手軽さやどこの部位でも対応できることからカミソリ派が多いようです。
しかし、カミソリはムダ毛を剃り落とすときに肌の角質も一緒に削いでしまうため、肌トラブルを招きやすいのです。
肌のキメが乱れて保水力が落ちることでかゆみやヒリヒリ感を伴うことも。
また、カミソリによる処理ではムダ毛の伸びがはやいため、頻繁に処理をするようになります。
そのぶん肌への負担は大きく、色素沈着を起こしたり、毛穴が盛り上がったりして取り返しのつかない事態を招くこともあります。
入浴ついでにボディーソープを泡立てて剃る方も多いようですが、ボディーソープは肌表面を柔らかくする成分が入っているため、そこにカミソリを当てると、より肌荒れを引き起こしやすくなるため失敗例の代表格。
カミソリ処理の失敗を防ぐには、シェービング専用クリームを使い、処理の後は毎回すぐに保湿剤などでアフターケアを行いましょう。

次いで多い毛抜きや脱毛器で毛の根元から抜いてしまう処理方法、実はいちばん肌に負担がかかる方法なのです。
そのため、無理やり抜いて出血した、毛穴が赤くなって戻らない、周辺まで腫れたなど、肌トラブルの失敗談がもっとも多い処理方法でもあります。
ムダ毛を抜いたあとにひとつの毛穴から2本や3本のムダ毛が生えてくるようになったり、引っ張られた毛穴がポツポツ盛り上がったりして後悔しても、後の祭りなんてことに。
開いた毛穴を傷口と勘違いして身体が穴を塞いでしまい、後から生えてきたムダ毛は出口がないため皮膚の下で成長を続ける埋没毛になることがもっとも多いのもこの処理方法なんです。
また、ムダ毛を抜いて開いたままの毛穴から雑菌が進入して炎症を起こすと、ひどいときには化膿してしまい、手術で膿みを取り除くこともあります。
ここまでくると、一言で失敗として流せるレベルではありませんね。

一生跡が残ることもある自己処理の失敗、後悔することのないようつねに適切な処理方法で行うようにしましょう。

いつ、どこで見られているか分からないのが女性のムダ毛。
男性から見て女性のムダ毛が「気になる」というひとの割合は実に8割近く。
ほとんどの男性が女性のムダ毛を気に留めており、その目の付け所もかなりマニアックなんです。
目に付きやすい腕やワキは女性も意識して丁寧に処理する傾向にありますが、そのあたりは男性から見たらもはや「当たり前」の領域のようです。
男性が処理されていない女性のムダ毛で気になる箇所は「顔」との答えがダントツ!
とくにクチ周辺に産毛であってもうっすらヒゲのように生えているのは、どんなにかわいい子でもNGだそうです。
また、「顔そりはきちんとできていても、耳に産毛がびっしりでは詰めが甘い」なんて厳しい意見も・・・。
そのほか「手足の指」や「手の甲」など、一見無毛に見えてもよくみたら生えていたムダ毛を発見してしまったときも、テンションが下がるようです。
女性もついつい気を抜きがちな冬場でも男性の目は厳しく、ストッキングからうっすら見えるムダ毛や繊維のあいだから覗いたムダ毛にゲンナリすることも多いとか。
また、ここ一番のセクシーアピールに背中の大きく開いた服を着たときも、背中のムダ毛はしっかりチェックされています。
普段からこんなに見られていては、女性も気が抜けませんね。
更に深い関係になれば、アッチもコッチも気になるムダ毛だらけになってしまいます。

カミソリや電気シェーバーで自己処理をしている女性もまだまだ多いようですが、そのような処理では日々ムダ毛処理に追われてしまいますし、ときには手を抜いてしまうことも。
また、部位によっては手が届かずにおろそかになってしまうところもあります。
カミソリや毛抜きによる肌荒れも男性にはマイナスイメージですし、なにより自分自身の気分が落ち込んでしまいますよね。
つねに苦労と悩みを抱えて自己処理をしている方こそ、サロンの脱毛がオススメです!
サロンの脱毛は数ヶ月に1度、長くても2年ほど通うだけで永久的な脱毛ができるため、永遠にムダ毛の処理から開放されます。
肌に負担をかけない脱毛方法でアフターケアもしっかり行ってくれるので、キメの整ったスベスベな肌になれるのも嬉しい効果。
自分では剃り残しやすい細かなところや手の届かない部位も、プロの手にかかればムダ毛一本ないツルツルな素肌に変えることができます。
自己処理では難しい生えかけのムダ毛に悩まされることもなく、季節を問わずおしゃれやランジェリーを楽しめるようにもなります。
男性との甘い時間が突然訪れたって、慌てずに身を委ねることができるようになりますよ。


女性の身だしなみともいわれるムダ毛処理。目に付きやすい腕や脚、ワキあたりは特に意識している人も多いものです。
日々ていねいなケアが必要となるため、入浴ついでにカミソリで剃ってしまうという人が多数ですが、それではまたすぐに生えてきてしまいます。
また、ムダ毛の途中からカミソリでカットしてしまうため、伸びてきたムダ毛の断面が太く見えて毛深く見えるという難点も。
伸びはじめは肌の表面に黒いポツポツが見えてしまうのも、かえって汚らしく見えてしまいますよね。
ムダ毛の根元から抜き取ってしまう脱毛では、次に生えてくるまでに時間がかかるので処理するスパンが長くなり、生えてくるムダ毛の先端もとがっているため、剃毛後のムダ毛よりも目立ちにくくなります。
そのため、常にキレイを目指しつつちょっぴりラクしてムダ毛処理を済ませたいなら、脱毛がオススメ!

自分でできる脱毛処理には、毛抜きやピンセットを使った脱毛、脱毛器具を使った脱毛の2種類があります。
毛抜きやピンセットを使った脱毛は1本1本をつまんで抜くので、腕や脚など広範囲にわたる部位には不向き。
広範囲に効果がある脱毛器具では毛抜きなどよりラクにお手入れができますが、どちらの方法でも処理の仕方によって肌トラブルを招く危険があるのです。
自己処理による脱毛では、ムダ毛を無理に引っ張ることになるので毛根にかなりの負担がかかり、炎症を起こしたり毛穴が盛り上がったりしやすくなります。
せっかくキレイにムダ毛を抜いても、毛穴が赤く盛り上がっていては意味がありませんよね。
また、不自然な周期で次のムダ毛が生えることになってしまうことから、皮膚の下で伸びはじめたムダ毛が表皮の下で伸び続ける“埋没毛”にもなりやすくなってしまいます。
埋没毛では皮膚の下で炎症を起こしたり、取り出すために表皮を傷つけてしまったりと肌にとって良くないことばかり。
最近ではエステのような光を照射して脱毛を促す自宅脱毛器具も販売されていますが、値段も高く、エステより出力が弱いため思うほどの効果は得られません。

何かと失敗やトラブルの多い自己処理による脱毛。
時間や手間をかけてそのような結果を招かないためにも、脱毛はプロにお任せするのがいちばん。
自己処理では難しい部位もキレイにすることができ、回数を重ねるごとにムダ毛の量も減っていきます。
最近では低価格で脱毛を行ってくれるエステも増えているので、脱毛器具を購入するよりリーズナブルにキレイになれますよ。


おしゃれな服で露になる夏はもちろん、見えにくい冬場だって常にお手入れしておきたいワキのムダ毛。
汗や熱気のこもりやすい部位だけに、ワキのムダ毛はにおいの元となる雑菌も繁殖しやすいので、できれば毎日つるつるキレイでいたいところですよね。
カミソリでの剃毛ではすぐに伸びてきてしまい、夕方ごろには黒いポツポツが・・・なんて悲劇を招きかねません。
そこで多くの人が脱毛を施しているようなのですが、自己処理による脱毛処理では思わぬトラブルに見舞われてしまう人も少なくないようです。
そこで、実際に自己処理によるワキ脱毛で失敗した女性の体験談をお伝えします。


・もともとムダ毛の量も少なめなので、ピンセットを使ってワキのムダ毛を抜いていました。4、5日に一度、鏡を見ながら気になるムダ毛を抜くといった感じ。一度に抜く量が少なかったので肌への負担など気にもしていなかったのですが、ある日ワキの毛穴が盛り上がってプツプツしていたんです。
押さえたり冷やしたりしたのですが効果はなく、せっかくムダ毛のないワキでも肌が汚く見えてしまうので、ノースリーブを着る勇気がもてません。

・けっこう太目のムダ毛なのでカミソリでは毛の断面が目立ってしまうため、かなり痛みを我慢しながら脱毛器具を使ってワキのお手入れをしていました。抜いた後のサラサラ感は好きなのですが、肌が弱いため全体的に赤く炎症を起こしたようになってしまうのが悩み。それでも我慢を続けて脱毛器具を使用していたら、今度は肌が黒ずんできてしまいました。
黒ずみ解消にいいといわれる方法をいろいろ試してもあまり効果はなく、それでもムダ毛の処理は怠れないので、できるだけ腕を挙げないようにしています。

・顔剃り用のカミソリでおおまかに剃った後、毛抜きで丁寧に処理していました。それでもときどき見えにくいところに処理残しがあって、彼に指摘されて恥ずかしい思いをしました。それ以来、脱毛器を使用するようにしたのですが、肌の下で伸びる埋没毛ができるようになってしまって・・・。見た目は汚いし、かといって無理やり出すこともできないし、炎症を起こしてニキビのようになって痛いときもあり、困っています。


プツプツや黒ずみといった肌トラブル、処理残しや埋没毛など、自己処理のワキ脱毛では後悔することも多いもの。
目に付きやすい部位だからこそ、プロによる脱毛がオススメです。


低下価格で脱毛が受けられるサロンが増え、今まで自己処理で悩んでいた女性が気軽に通えるようになりました。
特に目に付きやすい腕や脚、自己処理が大変なワキなどは人気があり、サロンでも積極的に低価格提供を行っています。

一度サロンでの脱毛を経験した人なら分かると思いますが、仕上がりは驚くほどつるつるスベスベ!
完了する前であっても格段に自己処理の手間が省けることもあり、一ヵ所だけのつもりではじめても、アッチもコッチも脱毛したくなってしまうものです。
そんな女性の強い味方が、全身脱毛!
多くの女性が気になる部位、自己処理の難しい部位など複数ヵ所がパックになっているため、それぞれの部位で通うよりかなり低価格で全身キレイになることができます。
また、一度の施術で複数ヵ所を行えるので、短い期間でムラなく仕上げることもできます。
とはいえ、よく調べずに申込んでしまったがために失敗してしまった人も・・・。


・とある脱毛サロンでワキの施術を受け、あまりのラクさに全身脱毛を申込みました。そこのサロンでは回数制限があったのですが、ワキのときにその範囲内で効果があったため深く考えずに申込んでしまいました。実際にはその回数内で効果を実感できない部位もあり、結局追加で申込みをすることになって倍くらいの金額になってしまいました。あとから月額制や回数フリーなどのサロンがあることを知り、そちらにしていればもっと安く済ませられたのにっと、後悔が残っています。

・「全身脱毛」という言葉を鵜呑みにして申込んだら、いちばん施術を受けたかった部位がパックに含まれていませんでした。サロンによって全身脱毛に含まれる部位は違うんですね。料金や通い安さにばかり目がいってしまった私にも落ち度はあるけれど、カウンセリングできちんと説明してほしかった。

・とにかく予約が取れない! 一定期間でコンスタントに通って最短で終わらせたかったのに、予約が取れなければどうにもなりません。営業時間も短いので、仕事帰りに寄ることもできず。駅から少し離れた場所にあることも加担して、だんだんと通うことが億劫に感じるようになってきました。先払いでお金は納めているので通わなければもったいないのですが、予約の取りやすさ、通いやすさなどを事前にもっと確認しておくべきでした。


サロンでの脱毛が身近になったことで、ムダ毛の処理に対する意識もずいぶんと変わってきました。
特に大きな変化といえば、アンダーヘアのお手入れではないでしょうか?

人目につきやすい腕や脚、ワキのお手入れは日々怠らない女性でも、「アンダーヘアの処理も完璧!」という人はそう多くはありませんでした。
「アンダーヘアのお手入れが行き届いているのは、かえってよくないイメージを持たれやすい」など、日本人女性ならではの感性もアンダーヘアのお手入れの普及に歯止めをかけていた一因でもあります。
ところが最近では海外の影響もあり、「アンダーヘアのお手入れを行うことは女性としての身だしなみ」として定着しつつあり、意識する女性も増えています。
正面から見えるVラインのみに留まらず、デリケートゾーンのIライン、肛門周りのOラインと、アンダーヘア全体をお手入れする女性も多く、多くの脱毛サロンでもVIOとして提供しています。

とはいえ、未だ恥ずかしさを感じてカウンセリングで思うように話ができず、施術後に後悔したという声もチラホラ・・・。


・他の部位では事前にカミソリで剃ってからサロンに行きますが、VIOは自分で剃るのが怖くて「サロンで剃りますよ」という言葉を頼りにそのまま行きました。サロンでは電気シェーバーで剃られて衛生面の心配があった上、剃ってもらった分の料金もとられました。事前にちゃんと説明を聞いておくべきでした。

・VIO脱毛を受けたとき、Vの形をキレイにするためには一度すべてなくしてしまうほうがいいと言われ、全体的に脱毛しました。私は元々毛深いほうではなかったためか、その後に生えてくるVのムダ毛はまばら。形を整えるどころか、形にならない状態で非常に恥ずかしいです。次の周期がくるまでこの状態なので、温泉や銭湯にも行けずにいます。

・できるだけ少ない回数で終わらせたくて、医療用レーザーのVIO脱毛を受けました。ところがとても痛みが強くて耐えられず、2回目以降の施術に行く勇気がありません。サロンより高い料金を支払っているのでもったいないとは思うのですが・・・。

・キャンペーンに釣られて急いで契約してしまったため、Vラインの形など何の知識もなく施術を受けてしまいました。ノリがくっついたような四角い形に仕上がってしまい、境界線もくっきりしすぎて正直微妙。脱毛前に相談する時間がほしかった。

・VIOセットの料金だと思っていたら、それぞれの部位で別料金でした。どこかひとつだけを脱毛してもアンバランスなのですべて行いましたが、他のサロンのほうが安くて評判もよかったので、体験脱毛のまま契約してしまったのは失敗でした。